サーマクールの基礎知識では、しわやたるみの原因、 サーマクールの効果や施術方法・料金などを紹介しています。 サーマクールを受けたい方、興味のある方はご覧になってください。

サーマクール施術方法


サーマクールの施術は、トレーニングを受けて
技術や知識が認められたサーマクール認定医が行います。

そのため、認定医の在籍していないエステなどでは
受けることが出来ません。
受ける場所が限られてしまうかもしれませんが、
認定医に施術してもらうほうが安心出来ますよね。

サーマクールの施術は、風邪などの診察のように病院に行って
すぐに行われるわけではなく、ある程度決まった流れがあります。

カウンセリング→クレンジング・洗顔→麻酔→マーキング→テスト照射→本照射

が、その流れです。
クリニックによって多少違いがあるかもしれませんが、
どのクリニックでも大まかには上記のような流れと思われます。
以下、もう少し詳しく御説明します。

(1)カウンセリング
カウンセリングの時間の長さはクリニックで差が出るでしょう。
サーマクールの効果、メリット・デメリット、そして、サーマクールを
受けることが出来るかどうかの確認をすることになります。

説明を受けて納得出来ないことがあった場合は、質問をするなり、
クリニックを変えるなり、自分が納得した上でサーマクールの施術が
受けられるようにしてください。

(2)クレンジング・洗顔
きれいな状態の素肌に照射する必要があるため、
メイクをしている場合はメイクを落とします。
メイクをしていなかったとしても皮脂を落とすために洗顔をすることになります。

また、この時、ピアスや時計などの金属類をはずします。
身につけている金属類が高周波に万が一にも影響を与えることがないようにです。

(3)麻酔
クリームやテープ状の麻酔を施します。
クリーム状の麻酔を使うクリニックが多いようです。
麻酔が浸透するまでは待ち時間となります。

(4)マーキング
施術部分を明確にするためにマーキングを施します。
マーキング方法は、マーキングシート(方眼紙のようにマス目が入っているもの)
を転写するなどの方法があります。

(5)テスト照射
顔の皮膚はどこも薄いものですが、なるべく厚い部分にテスト照射を行います。
テスト照射をした部分の肌を解析し、サーマクールを施述して大丈夫かどうかの
最終確認を取ります。

異常が見受けられた場合は、残念ですが、
サーマクールの施術を断念することになります。

(6)本照射
マーキングを施した施術部分に照射します。
この時、高周波の通りを良くするためにジェルなどを
塗布することもあります。

範囲にもよりますが、照射には30分から1時間を要します。
サーマクールにはクーリングシステムが装備されているので、
照射と冷却を交互に行うことになります。

サーマクールではメスなどで肌を切ることがないので、
施術後にいわゆるダウンタイムと呼ばれる肌を休ませる時間を
とる必要がありません。

施術後に行うことは、マーキングを洗顔で落とすくらいです。
洗顔後のスキンケアはもちろんメイクをすることも可能。
メイクはともかく、スキンケアと紫外線対策をした上で
帰路につくことをおすすめします。

せっかくサーマクールを受けた肌に紫外線を浴びてしまっては、
もともこもありませんから。

施術直後のスキンケアもメイクも可能ですが、
当日の入浴・飲酒・激しい運動は避けたほうが良いようです。
サーマクール帰りにジムによって汗を流すという
予定は立てられないというわけですね。

それと、人によっては、施術部分に熱を持っているような感じが
数日間続くことがあります。
その場合は、その熱が治まるまではシャワーのみにしたほうが良いでしょう。


スポンサードリンク

サーマクールの基礎知識☆MENU

ページのトップへ▲